ソロで生きてく人の為のコミュニティ始めました

ソロで生きる人の為のコミュニティひなた始めました

こんにちは。

いつもInstagramを見てくださりありがとうございます。

この度、『ソロで生きる人の為のコミュニティひなた』を作るべく活動を始めました。

『ひなた』は、パートナーのいない40代以上のソロの女性達が集まり、ゆるく横に繋がろう!というコミュニティ。浅く広く繋がり、困った時、誰かに相談したい時、楽しみを共有したい時などなど…。

人間関係にちょっとお疲れ気味の人も、浅い付き合いで良いのでご安心を。浅い付き合い=適当、雑に付き合えば良い。と、いう訳ではありませんが。

「それ、私できるよ!」「自分、それ得意です。」「実はわたしもそうなんですよ‥。」そんな感じでそれぞれの得意なこと、出来ることで、コミュニティ内で助け合いをしていこう。

そんなコンセプトです。

『ひなた』を立ち上げたきっかけ

5年ほど前の事になります。その頃わたしは、ライター&古民家レンタルスペースのスタッフとして、とある所に勤めていました。

昔の長屋のように気軽に互いの家に行き来したり、「ちょっとお醤油切らしちゃったからかして~」みたいな横の繋がりをテーマにした事業を展開する予定でした。

が、代表の事情でプロジェクトは急に中止になりました。わたしは他の仕事を探す羽目になり、今に至っています。

その後、いろんな仕事をしましたが(転職回数多め)年を取るにつれ、自分と似たような環境の女性によく出会う様になりました。

40を過ぎるとそろそろ老後のこともふと頭をよぎるようになり、ちょっと不安になったりするようで。

そんな話を度々聞くようになり、自分に何かできないかなぁーと思う様になっていきました。

「日々、結構頑張って生きてるけど、不安だったり心配事も時には感じる。だけど、親友と呼べる人もいないし、何なら友達も少ない。」こういった女性って案外多いんじゃないのかなぁ。

集まるのが苦手だったり、ワイワイ騒ぐのも得意じゃない。だけど、時には誰かと話したい。そんな時ってあると思うんですよね~。

深く付き合わなくてよい。むしろ、広く浅く、ゆるく。心地よい距離感でソロの女性が集まれる場所。

そんなコミュニティを作りたいと思ったのが『ひなた』の立ち上げのきっかけです。

ひなたぼっこみたいな場所

わたしは母子家庭だったので、母親の実家で暮らしていました。祖父母と叔父や叔母。7人で暮らしていた時期もあります。

3歳の頃に祖父を亡くしてからは、ずっと祖母がわたしの面倒をみてくれました。

なんせ母は働く事が大好きな人。モリモリ働いてお金も使って貯金もする人でした。

そんな生活は、必然的に祖母との時間が濃密になり、わたしと祖母の繋がりを深く強くしていきました。

その頃は、古い大きな平屋に住んでいたので広い庭と縁側がありました。人付き合いが苦手だったわたしには、1人で好きなように遊べる大切な場所でした。

今はもうない実家ですが、縁側で過ごした楽しい時間。ひなたのほんわかしたぬくもり。ほっとできる安心感。今でも覚えています。

特別じゃないし豪華じゃないけど小さな幸せというかちょっとほっこりできる空間。自分らしくいてもいい場所。

否定し合うよりは違いをわかり会える人達(わかろうとする姿勢がある人)と同じ時間を過ごしたいと思いませんか?

ひなたぼっこって何にもしなくてもそこにいて良いんですよね。そんな感じで集まりたい人いたらご一報ください。

さいごに

コミュニティひなたで一緒に活動したい人募集中!

・現在ソロの大体40代以上の女性(必須条件)

・老後がひとりで不安な人

・友達と呼べる人が少ない人

・人と深く関わるのが苦手な人

・他人に対して攻撃的じゃない人

・価値観や考え方、育ち方が違っていてもわかろうとできる人(分かりあえなくても良いです)

・自分にも他人にも厳しくない人

・ゆるい自分をさらけ出せる場所が欲しい人

ちょっと繋がってみたいな、と思ったらメッセージください!InstagramDM、またはこちらのブログにメッセージを。

Instagram

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です