わたしが空を毎日眺める理由

スポンサーリンク




わたしが空を毎日眺める理由

気がつけば10月になっていました。歳を重ねれば重ねるほど、時間の流れが早いなぁと思います。

わたしは毎日空をよく眺めます。きっかけは、小学生の頃の夏休みの宿題にあった【1時間毎の雲の変化を調べる】でした。

1時間ごとに同じ場所から見える雲をスケッチするというこの宿題。窓の向こう側に流れていく雲を、畳に寝転びながら見ていた記憶があります。

雲は様々な形に変化し、わたしがちょっと目を離したすきに(冷蔵庫に麦茶を取りに行っただけなのに)景色を変えていました。

時間がゆっくりと流れていた、夏ののどかな思い出です。

若い頃は空なんて自分に関係なかった

日々働いていた頃は、空なんてほとんど気にしていなかったと思います。

自分のほんとに身近な事にしか目がいかなくて、毎日毎日余裕はなかった気がします。

再び空と仲良くなったのは24歳の頃。子育てと専業主婦の毎日でしたが、夜になると星空を眺めていました。

ベランダから眺める星空はいつもささやかに輝いていて、わたしの心を和ませたり、本音を吐き出させてくれたりする風景でした。

最近は必ず毎日眺めます

離婚して、シングルマザーになり、子育てと介護を終えて、病気も良くなった今。

歩いているときも、バスを待つ時間も。空を見上げています。お金に余裕がある生活をしている訳ではありません。

でも、時間や心には少し余裕があるのかもしれませんね。

綺麗な空を眺めていると、悲しいことも、報われないことも少しの間忘れられます。

わたしが空を眺める理由は、明日も生きていかなくちゃいけないからかもしれないです。

色々あっても死ぬまでは生きていないとね。明日もまた、空を見てると思います。

日々の空はInstagramにポストしてます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です